京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年02月08日

「進々堂」100年

北山の「進々堂」へ行った。

「続木斉物語」という小冊子があったのでいただいた。

創業者の続木斉(1883~1934)についてなど。

それによれば、1913年、京都の左京区吉田に最初の店(「進々堂」パン屋)をかまえた。
1914年に火事にあい店舗が全焼。
その後、堀川竹屋町に移転。小冊子ではこれがいつかは明確ではないが、1914年から15年の間だろう。
場所の堀川竹屋町も明晰ではない。堀川がまだ拡幅されていないので、
堀川商店街(この名称でいいかどうかは問題があるが)の南端にあったのかもしれない。
尾上松之助の豪邸がもう出来ていたかどうか?
大正天皇の即位式典が、進々堂発展の契機になったと記載されている。
これは1915年。
1920年に竹屋町寺町に移転。
当時寺町が京都の繁華街の中心だったためと推測される。
やや南にはカフェ≒喫茶(+和菓子そのほか)で老舗の鎰屋もあった。

進々堂京大北門店も続木斉が1930年に開いたものだが、
この小冊子には言及がない。
現在経営が別々だからなのだろうか?


同じカテゴリー(探消)の記事画像
マクド京都2号店
変遷する京都のマクド
谷崎潤一郎の宿
消える喫茶店
良き銭湯が消えていた
町屋に仁丹板はよく似合う
同じカテゴリー(探消)の記事
 『京の味』1966 (2012-12-29 17:48)
 しる屋 (2012-12-24 14:37)
 また無くなった (2012-07-26 19:21)
 ドジハウスの解体 (2012-02-14 16:44)
 マクド京都2号店 (2011-10-23 15:39)
 北山通「カフェ・ドジ」閉店(2011年12月31日) (2011-10-17 17:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。